【事業拡大がすぐにできる】M&Aのメリットを徹底解説

男性と女性

常に時代の最先端を行く

M&Aの最大のメリットは、その事業において時間をかけずに売り上げやシェアをアップする事が可能な点です。また未開拓の地へのビジネス展開や、新規事業への参入を行いたい場合も、M&Aはとても有効な経営手法となります。

事業をまとめるということ

オフィス

人材と設備の移動

M&Aは事業を長く存続していくために行うものであり、業績を回復させるための高度な経営戦略です。しかし、それによって得られるメリットを確実に得るためにはしっかりと知るべき情報を手に入れておきましょう。まずM&Aで最も知っておかなければならないことは、事業間の統廃合には多くの人材が関わってくるということです。これを取り違えてしまうと、従業員たちに経営陣への不信を持たせる結果になってしまうので気をつけましょう。働く人と下請け業者への説明責任が存在します。人材に関してだけでなく、工場や事務所で使っている設備と道具などもしっかり所在を確認しておくべきです。大型機械なども事業に関するものなので、書類上にしっかり明記していかなければ契約締結までM&Aを進められません。業務に使うコピー機や清掃道具、工業機械などをM&A実行後のPMIに組み込んでいきましょう。大手企業でも同様であり、吸収合併などで小さいほうの事業を軽視して人材を放置すると大きな損失を出してしまうのです。M&Aのメリットは事業を長く存続させて業績を上げていくことであり、それには携わる人の存在が不可欠となっています。経営陣だけで完結せず、関わる人全員が納得できるように契約をまとめましょう。また、買収する企業は買収される側がメリットを感じるような、買収内容にすると、買収後も良好な関係を築くことができます。そのため、仲介業者にサポートを依頼するときは、質の高いサービスを行っているところを探しましょう。

ビル

利益を一気に増やせます

M&Aのメリットと言えば、短期間でシェアを拡大したり、新規分野に参入したりすることができるということが真っ先に挙げられます。また、最近では、経営の芳しくない会社をあえて買って経営改善をし、大きな利益を得ることを目的としたM&Aも増えてきました。

握手

企業を買収する利点

M&Aには、同業他社の買収、擬似事業の買収、既存事業の川下側に位置する企業の買収、投資を目的とした買収と様々な種類のM&Aとそのメリットがありますが、自社のM&A資金を無駄にしない為にも、それぞれのメリットをしっかり考慮することが大切です。